TOP > 治療方法 > 理学療法

理学療法について




頚椎ヘルニアの治療法としては、まず保存療法などで患部を改善させていく方法が用いられます。

もちろん手術をすることもありますが、よほど重度の状態で無い限り、まず様々な保存療法を試行し、痛みやしびれを軽減させ、またヘルニア自体も消失していく効果を狙います。

また保存療法には様々なものがありますが、その中で理学療法が最も多く用いられます。理学療法とは主に筋力トレーニングや歩行訓練などです。

頚椎ヘルニアの主な原因は、外的要因(交通事故)などを除いて、首の骨や筋肉の状態が弱まってくることがほとんどの原因ですから、首の筋肉をしっかりとつけて、骨を充分に支えることが出来るようにすることが必要です。

腰のヘルニアでも歩行を重視し、腹筋や背筋、太腿などの筋肉を鍛えることを重視するのと同様です。またトレーニング内容としては、専門家の適切な指導を受けながら用いていくのがベストな方法です。

痛みがあるのであれば無理をしないように必ず注意を受けますし、患部の状態は一定ではありませんので、その時々によってメニューも変わってきます。自分の頚椎ヘルニアの症状に適したプログラムを作ってもらい、その内容に沿って維持していくことが肝心です。

また理学療法は、整形外科だけではなく、整体や接骨院、カイロプラクティック院などでもよく用いられています。その他には低周波治療や温熱治療などもあります。

また、整体やカイロプラクティックなどは、神経症状の軽い程度の場合のみに受けるのが適切です。何故ならば、このような治療は頚椎ヘルニアを悪化させてしまうことがあるからです。

ですので、もしこのような治療を受ける場合は、必ず自分の症状をしっかりと施術する側に伝え、治療が適切が相談することが肝心です。安易に治療を受けてしまうと頚椎ヘルニアを悪化させてしまうこともありますので、注意が必要です。

その他には、牽引療法も理学療法の1つとして考えているところがあります。頭を固定して首を引っ張って、頚椎への負担を軽減し、また狭くなっている骨の間を広げることで、椎間板への負担を効果的に減らしていきます。

しかし、この牽引も頚椎ヘルニアの症状を悪化させてしまうことがありますので、自分の症状に適しているか確認することがとても大事です。

やはり、頚椎ヘルニアを改善させるのに最も大きな効果があるのはストレッチです。牽引とは違い、必要以上の負荷をかけることもありませんし、高齢者の方などでも簡単に実践することができます。

ですが、これも自己流などでは絶対にやらないようにしてください。自己判断で行うと頚椎ヘルニアを悪化させます。ですので、必ず専門家の指導のもと行うようにしてください。

当サイトでお薦めするのは「中川式ストレッチです」。こちらのストレッチで、今までに頚椎ヘルニア患者さん1000人以上が症状を改善している実績があります。

しかも、こちらの治療法は自宅にいながら行うことができ、1日15分程度実践すれば効果が望めるというものです。もし、興味のある方は下のボタンをクリックしてサイトをご覧になってみてください。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法