TOP > 治療方法 > 体操について

体操について




頚椎ヘルニアにおいて実施されている治療方法には、大きく分けて「手術」、「保存的療法」の二通りの選択肢が存在します。

手術は、進行性の脊髄症状として、手足のしびれや脱力、麻痺が認められ、MRIなどを用いた画像検査において脊髄の圧迫や浮腫が認められた場合に選択されます。

そのため、症状が重篤である場合や、痛みが激しい場合の選択肢となります。こちらは割合で見ると少数派です。

というのも、近年では頚椎ヘルニアにおいて「自然治癒」が注目されてきているからなのです(最も、患者さん本人が手術を敬遠するということもありますが)。

それにともなって、最近では保存的療法を選択するケースが増えてきています。この方法は、非常にざっくりとした言い方となってしまうため曖昧な物言いになるかもしれませんが、「手術以外」のことを指します。

薬物療法から牽引、温熱、ブロック注射、運動などなど、非常に多くの治療方法が保存的療法という言葉に内包されているわけです。

その内容としては、初期段階には頚椎カラーを用いての頚部の安静に始まり、消炎鎮痛薬やステロイド薬を用いたものなどを進めていきます。

また、痛みがひどい場合には、各種神経ブロック注射も用いられます。また、ストレッチや体操も非常に重要になってきます。

薬でいかに痛みを軽減したとしても、頚椎ヘルニアには再発の危険性がついて回ります。その再発を防ぐ意味でも、ストレッチなどは非常に重要な存在となるのです。

また、やり方にも様々なものがあるかと思いますが、頚椎ヘルニアであれば、再発を防ぐ意味でも、関節にかかる負担ができるだけ少ないものが望ましいと言えます。

あまり過度にやり過ぎて、しばらくしてから症状が悪化した、などでは元も子もありません。ストレッチの方法に関しては、専門医や専門家などの指導のもと行うのがベストかと言えます。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法