TOP > 治療方法 > テーピング

テーピングについて




頚椎ヘルニアの症状には、手足のしびれや身体の麻痺など、日常生活に影響を及ぼしてしまうものが多いです。もし、頚椎ヘルニアになったらどうなるんだろう、具体的にどんな治療が行われているのだろう、ということに、興味があるかと思います。

ここでは、頚椎ヘルニアで実施される治療法について、一例を挙げて説明していきたいと思います。治療の基本的な方針ですが、これは椎間板ヘルニアによって脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかで異なります。

脊髄が障害を受けている場合において、脊髄症状である手足のしびれや麻痺などが認められ、画像検査でも脊髄の圧迫や浮腫などのダメージが認められれば、早急に手術を検討することになります。基本的に頚椎カラーを用いて頚部を安静状態に置き、薬物療法を行なっていくことになります。

特に近年では外部に露出した髄核は吸収・消失する可能性があると考えられるようになって来たため、しびれなどの症状に大きな変化が見られない場合は、保存的治療を行い経過観察を行うケースが多くなってきています。

その保存的治療の中でも注目されているのが、「キネシオテープ」です。要はテーピングなのですが、キネシオテープにはリンパ液や血液の流れを促進する効果があるとされ、自然治癒力の向上が期待できます。

これは、先にも述べた人間が本来持っている自然治癒力での治癒を重視してきている治療にピッタリなのです。扱い方も非常に簡単で、貼る場所を綺麗にしてから筋肉を伸ばすための軽いストレッチを行い、テープを貼るだけです。

貼ったままの入浴も可能ですし、またスポーツなどの汗ではがれるという心配もないとのこと。ドラッグストアなどですぐに購入出来る上、意外と安価で購入することが可能です。ぜひ、お薦めの方法ですので、お悩みの方は一度、試されることをお薦め致します。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法