TOP > 治療方法 > トレーニング

トレーニングについて




医者に「頚椎ヘルニア」と診断された場合、今後どのように過ごしていけばいいか、不安になる方も多いと思います。

治療を続けている最中はもちろんのことですが、日常生活において、再発のリスクを最小限に抑えるためには、どのようなことに注意し、どのような工夫を行なっていくことが必要となるのでしょうか。

まず、治療中におけるリハビリやストレッチなどは、専門の医師や専門家の指示に従うのが無難でしょう。また、治療中、治療後に共通して言えることですが、頚椎ヘルニアに配慮していくなら、首に負担がかかることはできる限り避けるようにします。

素人考えで我流で行ったり、負担の大きい運動を行なった場合、下手をすると再発を招く可能性があります。そのため、下手に専門知識を動員するような運動を行うより、ここでは簡単なものとして「ウォーキング」をおすすめしたいと思います。

ウォーキングの利点は、「難しくない」、「気分転換になる」、「特別な器具・装置を必要としない」、「お金もかからない」、「運動不足の防止にもつながる」、「その上でしっかりとした運動になる」、「病状の悪化を防ぎ、再発の危険性を低減することができる」、などがあります。

もちろん、頚椎ヘルニアの個々の症状に応じて行われるため、必ずしもウォーキングだけで事足りるという意味ではないので誤解しないようにしてください。

症状によっては、ウォーキングが逆に負担となってしまい、結果として治療期間が伸びたり、もっと悪ければ悪化する可能性もあります。また、最近はインターネット等を通して簡単に様々な情報を検索できるようになっています。

どのようなトレーニング方法を選べばいいか分からずに困っている、近場に専門医・専門家がいない、といった場合には活用してみてはいかがでしょうか。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法