TOP > 頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアはどの年齢が一番発症しやすいのか?

頚椎ヘルニアは30代~40代の年齢の方が発症しやすいというイメージがありますが、実は高年齢の方でも発症します。頚椎ヘルニアは40歳以上の年齢の方が発症しやすい病気とされていて、毎年多くの方が悩まされている病気です。

ヘルニアはよく腰に起きると思われがちですが、椎間板は首から腰に掛けてあり、その首の部位で起こるのが頚椎ヘルニアです。頚椎ヘルニアの場合、首の痛みや手の痺れが起きます。普通の首の痛みとは違い、長く続き常に首が重い、だるいといった状態になります。症状が軽い場合には、保存療法や神経ブロック注射などを使って、治療を行っていきます。

他にも血流をよくすることで痛みを和らげることができるため、多くの治療方法が使われます。血流をよくするための治療法としては、ホットパックなどが活用されます。ホットパックは遠赤外線によって、筋肉の奥深い部分まで熱を届けることができ、これによって筋肉の緩和だけでなく血流をよくすることができます。

しかし、症状が酷くなると手術をすることもあります。ですが、手術をしても再発の可能性があるため、あまり手術をお勧めすることはできません。

頚椎ヘルニアは若い年齢の方だけでなく、加齢による高年齢の方にも多く発症する病気ですので、普段とは違う、首の痛みや肩の重さを感じたらまずはしっかりと検査をするようにしてください。

もし、頚椎ヘルニアと診断されてしまった場合は、少しでも早く正しい治療を受けることが大切です。先延ばしにすればするほど、年齢が上になればなるほど、この病気は治りにくくなりますので注意が必要です。