痺れについて




頚椎ヘルニアの主な原因として挙げられるのが、頚椎にかかる縦のストレスと反ったときのストレスです。縦のストレスとは、長時間デスクワークや同じ姿勢を取ることにより、頭の重さが常に頚椎にかかり続けることを言います。

反ったときのストレスとは、主に強い衝撃、例に上げるなら、交通事故や外傷性のものがほとんどとなります。では、その症状にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、多くの人にありがちな勘違いについて誤解を解いておきたいと思います。

椎間板の機能が破綻することに起因する、頚椎症や肩こりなどは、実は老化による経年変化が原因となることも考えられるため、局所的な痛みに関しては、必ずしも頚椎ヘルニア特有のものというわけではありません。

頚椎ヘルニア特有の症状としては、髄核が外部に飛び出すことで、脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することによって発生する手足のしびれや痛み、麻痺などといったものが主なとなります。

脊髄が圧迫されると、手足にしびれが発生します。手足の先端に行くほどしびれが強くなる傾向が見られ、身体の両側もしくは片側発生します。

上半身では、握力の低下でものがつかめなくなったり、指先での作業が困難になるなど、指先の動作において障害が現れます。下半身では、歩行の際に足が思うように動かず、重くなると階段の昇り降りが困難になる場合もあります。

これらの症状は、脊髄のどの部位がどれくらい圧迫されるかによって異なります。そのため、軽度の手のしびれ感程度から立ち上がることも困難になるような高度な麻痺まで、多岐に渡り痛みやしびれが発生する可能性があります。

また、脊髄ではなく、神経根が圧迫された場合、頚椎症と上半身の片側にのみ発生します。こちらでは、上半身の痛みやしびれ感が特徴となります。

これらの「痺れ」全般に言えることなのですが、症状が軽いからといって、安心というわけではありません。首は非常にデリケートな組織です。

ですので、頚椎ヘルニアの治療には、「早期発見」が重要となってきますので、少しでも違和感を感じたらすぐに治療を始めるようにしてください。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法