痛みについて




頚椎ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が生じることが原因となって、内部の髄核が外部に飛び出すことにより、多岐に渡る症状を引き起こします。

その症状は様々で、痛みやしびれを伴うことが多いです。まず、最初に多くの人がよく誤解を招くことがありますので、訂正を述べておきたいと思います。

頚椎ヘルニアや肩こりなどの症状は、椎間板の機能が破綻することが原因となって発生するのですが、その他以外でも発生することがあります。

それは、老化による経年変化などがあります。そういった場合も考えられるため、先に述べた局所的な痛みやしびれに関しては、頚椎ヘルニア特有の症状というわけではありません。

頚椎ヘルニアによる症状は、外部に飛び出した髄核が脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することに起因する手足のしびれや脱力などといった、神経症状が主なとなります。

まず、脊髄が圧迫されることで、手足にしびれが発生します。発生するしびれの強さは手足の先端に行くほど強くなる傾向が見られます。

これは身体の両側もしくは片側で発生します。上半身においては、握力の低下や、指を使う作業が困難になるなど、手先、指先の細かな動作において障害が認められます。

これらの症状が発生すると、ペンなどで字を書くことや、衣服のボタンの留め外しが困難となってしまいます。下半身では、歩くときに足が思うように動かない状態となり、歩幅も狭くなってしまい、階段の昇り降りが困難になるケースもあります。

ここまで症状が進むと、日常生活にもかなりの悪影響を及ぼすようになり、仕事をすることも困難になってきます。また、仕事が出来ないならまだしも、お茶碗やお箸を持つことも困難になると、介護が必要となるケースが出てきます。

そうなると、多くの場合、手術を勧められますが、選択されることはあまりお勧め出来ません。その理由としては、手術をした方の再発率が90%を超えているからです。

これだけ、再発する方がいるとなると、高い費用と長い入院生活を考え、手術をやる価値があるのかというと、やはり疑問が出てきます。このように、頚椎ヘルには油断すると、症状がどんどん悪化しますので、本当に怖い病気なのです。

また、しびれの程度は脊髄のどの位置がどの程度圧迫されているかによって異なってきます。その一方、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫されている場合には、頚椎ヘルニアと上半身の片側にのみ痛みやしびれが発生します。

この場合だと、患部の位置やその時の動作で変化する上半身のしびれ感が特有の症状となります。頚椎ヘルニアは少しでも早い治療が有効となりますので、少しでも首に違和感を感じたら医師の診断を受け、1日も早い治療を心掛けるようにしてください。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法