安静について




頚椎ヘルニアの発症期はまず安静が大切です。頚椎ヘルニアはほとんどの場合、神経圧迫が起こってから主症状を訴えます。

その後、約2、3週間程度は急性期として痛みを発しますので、頚椎を安定させることが大切です。また首への負担を軽くするため、また可動域を制限するためには頚椎カラーなどが使用されます。

頚椎カラーを装着することで首の部位が固定されますので、日常的な動作においてはかなり支障を感じる場合があります。しかし、カラーについては徐々に慣れるしかありません。

Tシャツやタンクトップなどのカジュアルな服装を好む方は特に、精神的に疲れないようにする必要もあります。

また、頚椎ヘルニアの急性期は頚椎カラーで安静にしているだけでは痛みは消えませんので、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬などで対応します。

また痛みが比較的大きい神経根タイプの場合は、ブロック注射などをする場合もあります。また、急性期の場合、アイシングなども大切です。

スポーツ中に怪我などで併発する場合は筋肉が炎症を起こしていますので、アイスノンや氷の袋などで冷します。筋肉の炎症も加わることで痛みも過激になりがちですので、病院でしっかり処置をしてもらうのが望ましいと言えます。

急性期を過ぎ、慢性期に入ったら、今度は首周りの筋力を強化するために、トレーニングをしていくことが大切です。

頚椎ヘルニアは早期のリハビリが大切と言われていますが、炎症がいつまで経っても引かないようだと、治療もより長びいてしまいますので、出来るだけ早い処置をして痛みを引かせることが必要です。

頚椎ヘルニアの慢性期は、痛みが緩和されてきたかどうか、患部の腫れはどうかなどの観点から治療を始めていきます。

先程、慢性期に入ったら積極的にトレーニングを行い、首周りを強化することが必要と言いましたが、トレーニングだけでなく、牽引療法や温熱療法、理学療法も大事です。

ですが、、牽引療法や温熱療法、理学療法は患者さんによって、効果が違いますので、1、2回試行してどの程度改善が見られるかによって続行を決定していきます。

慢性期の治療は、急性期よりも長くなることがほとんどですので、焦らず治療をしていき、少しずつ時間をかけて改善してく努力が必要です。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法