完治について




治療の方法は、「手術」、「保存的治療」の二種類に大別されます。「手術」はその名の示すとおり、患者さんの身体にメスを入れて症状の改善をはかります。

「保存的治療」は、手術以外のすべての治療方法を指します。頚椎ヘルニアは、その症状として、手足のしびれや頚部痛、しびれを原因とする握力の低下などが挙げられます。

これらはどれも日常生活に支障が出る可能性が高い症状ですので、できる限り完治させたいところだと思います。その頚椎ヘルニアの治療法に関してなのですが、実は近年、頚椎ヘルニアの「自然治癒」に注目が集まっているのをご存知でしょうか。

「頚椎ヘルニア」と聞けば、「長い期間痛みに悩まされる・・・」というようなイメージを持つかと思います。もちろん症状が重いケースでは、手術しなければならない場合もあります。

しかし、近年の調査で半月で約25パーセント、1ヶ月で約50パーセント、3ヶ月で約80パーセントが自然治癒、つまり完治したという結果が出ています。そのため意外なほど多くの場合で頚椎ヘルニアには完治が期待できるということになります。

しかし、治癒率は先に述べた通りとなっていますが、もちろん再発のリスクが存在することを忘れてはいけません。

再発率は、40~80パーセント程度とされており、3ヶ月を過ぎても再発が続く、症状に改善が見られない場合は、別の治療法を選択しなければならない可能性も出てくるため、注意が必要となります。思い当たることがある場合には、早急に医師の診察を受けましょう。

また、その後も保存的治療を継続して行なっても症状に改善が見られなかった場合や、痛みが収まらない、または激しい場合、手足に麻痺が発生した場合など、症状が重篤であると判断されたときには、手術が選択される場合もあります。

頚椎ヘルニアを完治させるにのに有効なのが運動療法による筋力アップです。首周りの筋力強化を図ることが出来れば、筋力で首を支える力がつきますので、完治することも可能になってきます。

継続的に筋力トレーニングを行えば、痛みやしびれを完治させることが可能になってくるかと思いますので、ぜひ、実践されることをお勧めしたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法