再発について




頚椎ヘルニアについて理解するには、頚椎と椎間板がどのようなもであるかをしっかりと理解する必要があります。頚椎は7個の椎骨と呼ばれる骨が存在し、それらが積み重なることで構成されています。

椎間板は骨と骨の間にある、首の衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。頚椎ヘルニアは、このクッションの役目をしている椎間板が破れ、椎間板の内部にある髄核が飛び出し、周りにある神経根を圧迫する症状を言います。

神経根を圧迫すると、頭痛や吐き気、手のしびれなどの痛みを引き起こしていきます。発症しやすい年齢層としては30~50代が最も発症率が高いとされています。これは、 30~50代が頚椎への運動負荷が最も多くなる年齢層であるということから言われているからです。

また、それ以外でも年齢に関係のないスポーツなどによる運動負荷や、外的要因によるもの、遺伝的要因など先天的な体質が原因となることもあります。

スポーツなどによる運動負荷においては、やはり首に負担のかかるスポーツをやっている人がなりやすい傾向にあります。

例えば、ラグビーやサッカー、レスリングなどが挙げられます。もちろん、このような競技をやっている方は首は鍛えることにも積極的ではありますが、なかなか鍛えるのが難しいところでもあります。

ですので、いくら鍛えているからといって、注意しながら競技を行わないことには、いつ頚椎ヘルニアが再発してもおかしくはありません。

また、外的要因についてですが、一番代表的なものとしてはやはり交通事故が挙げられます。交通事故で一番怖いのは、事故を起こしてしばらくしてから痛みやしびれが襲ってくるところです。

事故当時は症状がなくても、体の緊張が解けてくると、いきなり痛みやしびれに襲われることがありますので、その時は何ともなくても必ず病院で検査を受けるようにしてください。

頚椎ヘルニアの治療において、最近では自然治癒がかなりの確率で期待出来るとされ、それにともなって保存療法が増加傾向にあります。

頚椎ヘルニアの自然治癒とはどうゆうことなのか?これは、医学の進歩により最近になって分かってきたことですが、飛び出した髄核のカスを食べてしまう細胞が発見されたのです。

つまり、縦のストレスや反るストレスによって押し出された髄核を、人間の自然治癒力により治すことが可能だと分かってきたのです。これにより、頚椎ヘルニアを自然に治していく人が増えています。

また、レントゲンやMRIなどの画像所見で、明らかに頚椎の圧迫を受けているにも関わらず、痛みやしびれが発症していない人もいます。

まだまだ、分からないことが多い頚椎ヘルニアの治療法ではありますが、自然治癒で完治した場合でも再発の可能性は無視できません。

40~80パーセント程度の確率で再発するとされていて、何度も再発が続く場合には、保存療法だけでなく、手術を視野に入れた検討も必要となってきます。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法