TOP > 頚椎ヘルニア > 自然治癒

自然治癒について




方針として、大きく分けると患者さんへの負担が比較的大きくなるが、効果が高い「手術」、患者さんへの負担が比較的小さくできるが、効果が出るまで時間がかかる、また、継続して行わなければならない「保存的治療」、これら二種類が存在します。

まず「手術」ですが、こちらはその名前の示す通り、患者さんの身体にメスを入れ、直に骨に処置を施すことで、頚椎ヘルニアの症状の改善をはかります。次に「保存的治療」ですが、こちらは手術以外のすべての治療方法の総称となっています。

ゆえに、ストレッチや体操、温熱治療やブロック注射など、多くの治療方法が含まれることになります。この中から、患者さんの症状に適合した治療法を選択していきます。

頚椎ヘルニアでは、その症状として手足から指先のしびれや頚部痛(首の痛み)、またしびれが原因となって起きる握力の低下などが挙げられます。これらの症状は日常生活に支障が出る症状でもありますので、なんとかしたいところです。

完全に症状を取り除こうとする場合、手術は先にも述べましたとおり効果が高いですが、「手術はちょっと・・・」と尻込みしてしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、実は近年では頚椎ヘルニアの「自然治癒」に注目が集まっています。

「頚椎ヘルニア」と聞けば、「手術しなければ完治しない」と考えてしまいがちかと思います。しかし、近年の調査では、発症から半月で約25パーセント、1ヶ月で約50パーセント、3ヶ月で約80パーセントが自然治癒したという結果が出ています。

非常に意外なことで驚かれると思いますが、かなりの確率で頚椎ヘルニアには完治が期待できるということが今回の調査で明らかになったと言えるでしょう。

しかし、一度ダメージを負っていることには変わりないため、その後の再発のリスクが存在することに注意が必要となります。

再発率は、40~80パーセント程度と考えられており、症状の改善が見られない場合は、別の治療法を選択する必要性が出てくる可能性もあります。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法