TOP » 頚椎ヘルニア » 頭痛

頭痛について




頚椎ヘルニアの主な症状としては、首の痛みや手足のしびれといったものが良く挙げられますが、実は頭痛というのも、頚椎ヘルニアの症状の一つです。

本来頭痛とは実に様々な原因によって発生をします。例えば血管が拡張してしまい発生するもの、また筋肉が緊張状態となってしまうことで発生するといったようなものがあり、関連する病気としても脳出血や髄膜炎、さらにくも膜下出血などがあります。

このような中で、頚椎ヘルニアの症状として発生するものは、主に筋肉の緊張によって起こるものとされています。頚椎ヘルニアを患っていると、首に痛みを感じることや、肩コリが発生するなどの症状が出ます。

このことにより痛みを感じた患部周辺の筋肉は、緊張状態に陥ってしまいます。筋肉が強張った状態になってしまい、疲労を蓄積してしまいます。

実はこの筋肉の緊張状態や疲労が蓄積された状態となると、その部位における血液の流れが悪くなってしまいます。

つまり、首から上、特に頭へと流れる血液の循環が阻害されてしまうのです。詳しい症状としては締め付けられるような痛み、また鈍い痛みを感じることが多くなっています。

痛みを感じる頻度としては、時折襲ってくるような場合もあれば、毎日持続的に痛みを感じることもあります。このような頚椎ヘルニアの症状を抱えてしまうと、毎日の日常生活の妨げとなってしまうケースがほとんどです。

頭痛を起こすと、横になって安静にしていても、気分が悪くなり吐き気などを訴えます。また、症状が酷くなると実際に吐いてしまったり、動くのも嫌になるほど、辛い状態になってしまいます。

これらの頚椎ヘルニアの症状を改善・軽減するために一番良い方法は、緊張している筋肉をほぐすのが一番です。

マッサージや整体などは頚椎ヘルニアを根本から改善することは出来ませんが、筋肉の緊張を和らげることに対しては、とても適した治療ですのでお薦めです。

ですが、いくら施術が気持ちが良いと言って、やり過ぎてしまうのも禁物です。頚椎はとてもデリケートな部分ですので、術後の経過をしっかりと自分で観察をしてから、次に動くことが大事です。

また、マッサージや整体の他には、薬剤を用いた薬物治療が施されます。最近では、頭痛や生理痛などにとても良く効く、「ロキソニンS」という解熱鎮痛薬が、第一三共さんから販売されています。

その他にも、「ナロンエース」、「バファリン」などが市販で販売されています。この薬物療法は一時的なものではありますが、辛い頭痛の症状を和らげることが出来ますので、とても有効です。

また、先ほど述べましたように、首周辺の筋肉の緊張が原因となり頭痛は起きますので、自分で出来る予防策としては、ストレッチがお薦めです。

ストレッチなどを自分で日頃から行うことで、症状を軽減することが出来ますので、継続して実践されることをお薦めしたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法