TOP > むち打ち症・頚椎症 > 頚椎狭窄症

頚椎狭窄症について

頚椎狭窄症とは、脊柱管狭窄症が頚部に起こる症状を言います。脊椎には脊髄や神経などが通り、これらを保護するためのスペースがあります。これを脊柱管と呼びますが、この場所が生まれつき狭く、また加齢に伴って頚椎が変化してくると神経の圧迫が起こることがあります。

圧迫を受けると徐々に様々な症状が現れ、これを頚椎狭窄症と呼んでいます。先天性のケースの他には、椎間板ヘルニアからの合併症や、靭帯の変性、加齢などが主な原因であると言われています。

頚椎狭窄症は腰部狭窄症が頚部に起こったケースと言えますが、その症状は、腕がだるくなったり、指が上手く使用できない、突っ張った感じがする、力が入らずに痺れてくる、など、上半身にまず主な症状が現れます。

また、激痛が走って腕を動かすことができず、下肢にも頚椎狭窄症の症状が出てくるとだいぶ悪化してしまっています。歩く姿勢はぎこちなく、遅くなり、階段の上り下りが膝が悪い方のように上手にできず、他には排尿障害や手足の麻痺なども起こってくる場合もあります。

変形性頚椎症の場合もこれらの症状が起こります。また、診断方法としては、レントゲン検査が必要です。レントゲンによって撮影された画像で、脊柱管前後の径が12ミリから13ミリ以下を確認し、他にもMRIやCTを用いて診断の確実性を高めます。

頚椎狭窄症の手術方法は、狭窄の状態が1~2椎間にある場合は、変形性頚椎症の場合と同じでセラミック等を用いた前方固定術を適用します。また狭窄がそれ以上ある場合は、後方からのセラミックを使用した背柱管拡大術によって脊髄に起こっている圧迫状態を除去します。

手術は首の部位に行いますので、侵襲性は非常に高くなります。できるだけ信頼性の高い脊椎専門の病院で受けることが必要です。日本人は特に、他の人種に比べて脊柱管が狭いと言われています。

つまり頚部脊柱管狭窄症にもなりやすい体質のため、日頃から頚部に負担をかけないようにケアする姿勢が大事になってきます。

頚椎症を解消する中川式治療法