TOP > むち打ち症・頚椎症 > 神経根症治療

頚椎症性神経根症の治療について

頚椎症性神経根症とは、中年以降の方に多く発症する病気です。脊髄神経から伸びている神経が枝分かれしている部分、つまり神経根が、椎間孔で圧迫を受けて、この圧迫された神経経路に沿った部位に次々と痛み、シビレなどが出現します。

また、頚部から伸びている神経は肩や腕、手や手の指に走っていますので、この経路にある部位の症状が多くなります。

このような神経根症の主な原因は、骨や軟骨、椎間板などが老化してきて、変形性頚椎症や頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎ヘルニアや骨棘などが起こることです。これらが神経の根を圧迫して神経根症の症状が現れます。

神経根症の主な症状は、肩から腕にかけての痛みの症状が顕著です。また腕から手の指の部位にしびれが起こったり、その痛みの度合いも軽度のものから重度の痛みまで、神経根症と一言でいっても様々です。

首の痛みについては、反らせる姿勢にすると悪化しますので、見上げたり、うがいなどの日常生活のパターン動作がしずらくなります。このような症状の神経根症の治療法は、まず軽度のケースではカラー等を装着して首の動きを制限して安静にさせます。

それでも神経根症の痛みが続く場合は、非ステロイド系消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、ビタミンB12などを使用し、痛みが重い場合は神経根へのブロック注射を試行する場合もあります。

神経根症の痛みによって不眠症になるケースも多くありますが、この場合は抗うつ剤や睡眠薬を用い、症状が改善を見せてきたらリハビリをします。リハビリでは温熱療法や首の牽引などで緩和をし、また筋萎縮が見られるケースでは低周波による刺激療法を行います。

リハビリではストレッチも有効です。しかし首の部位の場合は角度が微妙で、ついうっかり痛めてしまう例が多くありますので、角度固定用の装具を利用したり、医師にもよく相談することが大切です。日常生活に大きな支障があって困ってしまうというケースでは、ほとんどの場合手術を適用します。

神経根症での手術法は、圧迫部位が2箇所程度の場合は前方除圧固定術を適用し、それ以上の場合は椎弓形成術を適用します。また頚椎症性神経根症では手術にまで至るケースはごく稀です。

頚椎症を解消する中川式治療法