TOP > 病院・手術 > 術後

術後について




頚椎ヘルニアの治療には大きく分けて保存的治療、手術の二種類が存在します。近年では頚椎ヘルニアの自然治癒に注目が集まってきているため、保存的治療を選択する場合が多くなっています。

しかし一方で、脊髄症状である手足のしびれや脱力、麻痺が進行していて、レントゲンやMRIを用いた画像検査においても、脊髄の圧迫や浮腫などのダメージが認められるなど、頚椎ヘルニアの症状が重篤であった場合には、手術が選択される場合があります。

手術の方法は、「前方法」と「後方法」の二種類に大別されます。前者の「前方法」では、手術によって椎体と椎間板組織を直接削ることでヘルニアを摘出することを目的とします。

その後開いた空間に、自身の骨盤などから採取した骨を移植する方法をとります。後者の「後方法」は、後ろから脊柱管を拡大するという方法になります。

圧迫されている脊髄を間接的に解放するのが目的で、脊柱管狭窄を合併している場合に選択される場合が多い方法です。頚椎ヘルニアの手術は患者さんに大きな負担がかかるものですので、できるなら保存的治療で対応するのが望ましいといえるかもしれません。

しかし、頚椎ヘルニアの症状によっては即座に手術に踏み切ることもあります。また、保存的治療を一定期間継続しても症状が改善しないような場合にも選択されるケースもあります。

手術後は、一定期間のリハビリを経ることで、日常生活、さらにはスポーツへの復帰も可能となります。また、術後の再発のリスクが、保存療法と比べて少なくて済むというのも利点と言えます。

最近では、外部に脱出した髄核は、一定の期間で吸収・消失の過程をとる可能性があるとされ、自然治癒の可能性が期待できるということから、保存療法が取られることが多くなってきているため、手術が行われるのは比較的症状が重かった場合に限定されるようになってきました。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法