TOP > 病院・手術 > ブロック注射

ブロック注射について




頚椎ヘルニアに対する治療法として、一般的に手術を行うような外科的な方法ではなく、症状の悪化を防ぎ、出来るだけ頚椎ヘルニアを軽減出来る保存療法が選択されます。

その中で理学療法や運動療法、薬物療法という様々な治療法が施されるのですが、このような治療方法を行っても、頚椎ヘルニアの症状が取れない場合には、ブロック注射を用いるケースがあります。

これは、神経や神経の周囲の組織に打ち、神経の伝達を断つことによって痛みを軽減するものです。具体的には、頚椎ヘルニアの痛みを生じさせている神経や、その周辺まで針を刺入し、その後、局所麻酔薬を注入します。

この麻酔薬が作用することによって、神経が脳へと痛みの信号を送ることを断ち切ることで、身体が痛みを感じるのを抑止することが出来ます。

このような作用機構から高い鎮痛効果、また即効性が期待でき、さらに患部まで接近させて局所麻酔薬を作用させます。

このブロック注射も対象とする症状によって様々な種類があります。例えば筋肉の痛みがある部分に打つものや、脊椎の椎間関節など関節の内部に打つものがあります。

患者の症状に合ったものを医師が提案してくれますし、分からないことがあれば相談するのが良いと思います。さて、ここまで色々とお話してきましたが、痛み止めなら効果が限られているからあまり意味がないのではないかと感じた方もいるかもしれません。

確かに局所麻酔薬による痛み止め効果は一時的なものです。よく勘違いされるのが、ブロック注射を打てば頚椎ヘルニアを治すことが出来ると思ってしまうことです。

先程からお伝えしていますが、この療法は一時的に神経を麻痺させ痛みを抑えるもので、頚椎ヘルニアの根本治療にはなりません。また、1回で効果を感じることは少なく、最低でも2~3回は打たなくては効果を感じることが出来ないことがほとんどです。

また、経験の浅い医師によっては、神経をブロックする箇所を誤ってしまい、返って症状が悪化してしまう例も多くあります。ですので、治療をするときは医師の経験を良く確認することと、それなりのリスクがあることを考えて、治療を受けなくてはなりません。

しかし、一時的でも頚椎ヘルニアの痛みが取り除くことが出来ますので、このようなリスクがあっても痛みを緩和したいために治療を受ける方は多くいます。

また、他の治療法をよりスムーズに行うことが出来るという点や、痛みを取り除くことにより筋肉の緊張状態を解消し、血行を促進することで、人間が本来持っている回復機能を高めるといった効果も期待できます。

ですが、もう一度いいますが、ブロック注射で頚椎ヘルニアを改善することは出来ません。このことをしっかりと頭に入れた上で、よく考えて受けるようにしてください。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法