TOP > 病院・手術 > 病院

病院について




もしも首の痛みや肩のコリ、頭痛やめまい、さらに手足のしびれといった症状を感じた場合、恐らく医療機関を受診することになると思います。この診療において多くは初めに問診が行われます。

その方法は予め問診票に記入するようなものかもしれませんが、ほとんどの病気はこの問診と検査により病名を診断しています。そして実は頚椎ヘルニアについては、この問診というのは非常に重要な診断要素となります。

このことから、日頃の症状など病状を漏れなく医師へと伝えることが大切なので、必要があればメモを取るなどして、正確に医師へと情報を伝えることが非常に重要です。

問診票を提出し、医師による診察が行われますが、この時にも医師は問診票を踏まえ医師による問診を行います。この時も、頚椎ヘルニアの症状について詳しい状況を伝えると良いでしょう。

その後、必要があればX線レントゲンなどを用いた画像診断が行われ、条件が揃えば頚椎ヘルニアと診断をされることになります。では、治療を受ける病院としては選び方にポイントはあるのでしょうか。

この問いに関して、当然ですが評判の悪いところよりは、評判の良いところに通うのを希望するのは当たり前かと思います。ただし、頚椎ヘルニアの治療で、特に手術治療を行うような場合には病院選びは恐らく重要になってくると考えます。

このような場合に着目するポイントはやはり手術件数という点です。手術数が多いことはもちろんですが、それに比例して技術が高く、優れた治療を受けることが出来るところは優秀と判断が出来ます。

このことから手術件数という部分は重視をすべきです。そして、次に注意するのが手術方法です。例え、手術数が多くても身体に負担の掛かるような手術を多く行っているところより、身体の負担が少ない低侵襲手術を多く行っているところを選ぶのが得策と言えるかと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法