TOP > 病院・手術 > コルセット

コルセットについて




「最近首が痛い」、「手足がしびれる」などというようなことから病院にかかり、そこで頚椎ヘルニアと診断されたなら、その後、症状に応じた治療を受けることになるかと思います。

頚椎ヘルニアの症状は、手足のしびれや身体の麻痺など、日常生活に影響を及ぼすものも多くあります。そのため、治療においてはどのような方法が行われるかということが重要となってきます。

そこで、この病気の場合における治療法について、どのような方法が行われているかを説明していきたいと思います。まず、大まかな方針についてですが、頚椎ヘルニアによって脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかでその方針が変わってきます。

まず、脊髄が障害を受けている場合においては、進行性の脊髄症状である手足のしびれや麻痺などが認められる、レントゲンなどを用いた検査で、脊髄の圧迫や浮腫などが認められれば、すぐに手術が必要となる場合があります。

その手術方法にも、「前方法」と「後方法」の二種類の方法が存在します。また、手術を行わずに保存療法を薦める場合もあります。

こちらでは、患部の安静を保つためにコルセットを着用します。この方法は、頚椎にかかる衝撃を少しでも分散しようというもので、首を固定してのダメージを防ぎます。

特に最近では、外部に露出した髄核が一定の期間を経て、吸収あるいは消失する可能性があると考えられるようになってきていて、症状に大きな進行が見られない場合は、今言った保存的治療を行い経過観察を行うことが多くなってきています。

そうなると、治療の最初期において、いかに首を安静な状態に置くかが重要となるため、っこのような安静を保つ療法の重要性も同じく高まっていくのです。


頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法