TOP > 病院・手術 > 大阪の名医

大阪の名医について




頚椎ヘルニアは、主な症状として、手足にしびれや、ひどくなると身体の片側、もっと行くと両側で、程度の差はあれど麻痺発生が認められます。

そのため日常生活における影響は決して少ないものとは言えません。しかし、近年では医療技術の進歩から、保存療法、手術のどちらにおいても、日常生活に影響を及ぼさないレベルまでの回復が可能になっています。

そのため、今後はどのような治療を、どのようにして受けるかで、その後の影響が決まるといっても過言ではないわけです。出来れば効率よく治療を受けて、早く治してしまいたいというのがあなたの本音であると思います。

そのために、どの医師や治療家を選ぶかがとても重要となります。やはり、医療においては、その分野を専門とする名医が存在します。テレビのドキュメント番組などで、「ゴッドハンド」などといった文句で紹介されているのを見たことがあるのではないでしょうか。

もちろん頚椎ヘルニアを治療する名医の中にも、いわゆる「ゴッドハンド」はいます。ここでは、大阪市で活躍されている医師中心に紹介していきたいと思います。

まずは大阪市立大学医学部附属病院の整形外科です。こちらには中村博亮医師や寺井秀富医師といった方が勤められています。大阪市立大学医学部附属病院の整形外科は、日本において有数の歴史を持つ整形外科となっています。

多岐にわたる整形外科の全ての分野を網羅していて、そのすべての分野において、その治療は全国的に見てもトップレベルといえます。

次は大阪労災病院・整形外科です。こちらには総計20名の整形外科医師が勤められており、整形外科病床数は151床と、全国でもトップクラスの規模を誇ります。

頚椎ヘルニアにとどまらず、股関節・膝関節の人工関節手術を中心とした関節外科、関節リウマチを対象としたリウマチ外科、スポーツ傷害を対象としたスポーツ整形外科など、多くの疾患に対して治療を行なっています。

その他にも頚椎ヘルニアの名医と呼ばれているのが中川卓爾先生です。この先生は今まで30年間で50万人以上の頚椎ヘルニア患者を手術などを一切しないで、治してきた実績を持っています。

もし、あなたが頚椎ヘルニアで真剣に悩んでいるのであれば、ぜひ一度、中川卓爾先生の治療を受けてみることを強くお薦めしたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法