TOP > 病院・手術 > 牽引について

牽引について




頚椎ヘルニアは引き起こされる症状が手足のしびれや、痛み、身体の麻痺であるため、日常生活に影響が出てしまうことが多いです。

ですので、どのような治療法があるのか、またその中で、自分の症状に適合した治療法は何なのか、これらの見極めが重要になってくるでしょう。

治療方法のざっくりとした方針についてですが、これは個々の状態によって脊髄、神経根のどちらがダメージを受けているかによって変わってきます。

前者ですと、手足のしびれ、麻痺などが進行している、レントゲンを用いた画像検査で脊髄が圧迫が確認できる、浮腫などのダメージが見られる、といった場合、頚椎ヘルニアとの診断後、早急に手術の検討が行われます。

手術方法には、「前方法」と「後方法」の大きく分けて二種類の方法が存在します。その一方で、外部に髄核が飛び出した後でも、時間の経過と共に吸収、あるいは消失するという可能性が、近年では示唆されるようになってきました。

そのため、頚椎ヘルニアの症状に極端な変化や悪化が見られないときには、保存的治療を選択するケースが増えてきています。治療の初期においては、頚椎カラーと呼ばれる頚部を安静状態に置くサポーターを装着して、症状が落ち着くのを待ちます。

その後、その人にあった治療を進めていきます。その中では、「牽引療法」と呼ばれる治療方法が取られる場合があります。牽引療法では、椎間板に加わっている圧力を軽減することを目的としていて、頚椎ヘルニアの痛みを軽減させることができます。

その方法は、椅子に座った状態で首にベルトをかけ、特殊な機械で頚椎を引っ張り上げるというものです。

さらに、この方法は、患部の血行を促す効果もあるため、筋肉のコリや痛みを軽減することにもつながります。また、それらの効果を狙った「温熱療法」という治療方法もあります。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法