TOP > 病院・手術 > 薬について

薬について




肩こりや首・背中の痛み、また身体の様々な部位にしびれなどの症状をもたらすのが、頚椎ヘルニアです。

頚椎ヘルニアは、患部である頚椎が神経の通う部位ということと、手術を行うと身体に大きな負担となる可能性も高いために、基本的には症状の進行・悪化を抑え、さらに出来るだけ症状の緩和を目的とする保存的な治療が選択されます。

保存的治療には物理療法や運動療法、また装具療法といった様々な治療法があり、個々の頚椎ヘルニア患者の症状や生活に応じて最適なものが選択されますが、比較的強い痛みがあるような場合には、加えて薬物療法を用いることが多くなっています。

薬物療法とは、投薬によって痛みの緩和や肥大化した患部を鎮静化する効果を期待する治療法です。このような療法を行い、症状が治まることで運動療法などが進めやすくなってきます。

これによる効果自体はもちろん、このような補助的な働きも期待します。 薬物療法で実際に用いられるものとしては、非ステロイド性の消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、神経賦活薬、ビタミン剤が挙げられます。

また、湿布剤といった貼るタイプのものも用いられることがあります。これらに加え手術の前など患者が不安を持ち生活に支障を及ぼすほどであれば、精神状態を緩和・改善するために抗うつ剤や安定剤といったものを使用することもあります。

これまでに様々な薬剤を挙げましたが、具体的な使われ方としては、急性の症状で非常に激しい痛みなどがある場合には、少々の胃腸障害、またむくみなどの副作用が心配される場合で合っても、短期間だけ効果の強いものが選択されます。

この逆に、急性の頚椎ヘルニアの症状が落ち着いた後には、比較的効果は弱めであっても、長期間治療を施すので副作用が少ないものが選択されます。

この療法自体の効果は一時的なもので、頚椎ヘルニアの患部の根治というような治療法ではありませんが、症状を和らげることが出来るので非常に有効な治療法の一つです。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法