TOP > 病院・手術 > リハビリ

リハビリについて




頚椎ヘルニアを発症してしまった場合の治療法として、現在では痛みを軽減し症状の悪化を防いでいく保存療法が一般的に行われています。

頚椎ヘルニアの症状として急性期の激しい痛みを伴うような時期にはとにかく安静にすることが大切ですが、急性期の症状が落ち着き、慢性期へと移った場合には様々な保存療法を進めていきます。

その中でリハビリについて言及して行きます。リハビリとは主に病気が原因として生じてしまった身体の機能に対する回復の訓練として行われ、手術の後に行うものを思い浮かべる方も多いと思います。

頚椎ヘルニアの治療に用いられるように保存療法の治療の一つとしても行われます。では具体的にどのような手法があるか挙げてみましょう。

まずは病院で施される一つとして牽引治療があります。これは医療用の器具を用いて首を上方向に引っ張ることで、頚椎を伸ばす・緩めるといった動作を繰り返し、筋肉の緊張状態、いわゆるこわばりを解消し、痛みやしびれといった症状を改善する効果を期待します。

また、患部を温めることにより同じく筋肉の緊張をほぐす効果や、血行を促進することで代謝活動を活性化させ、人間の本来持っている機能回復効果を高めるという効果を期待する温熱治療があります。

さらに、ストレッチや運動療法を取り入れたトレーニング法などがあります。ゆっくりと首を動かす運動などを行っていくことで、首周りのを支える筋力を付け、頚椎ヘルニアの症状を軽減させる効果を期待します。

この時、温熱治療を補助的に行うことで、その治療効果を高めることが出来ます。例えばお風呂での入浴時にストレッチや、軽いトレーニングを日常的に行うのがお勧めです。

自宅で実践出来るということがメリットの一つですが、気を付けて欲しいのが治療を急ぐあまりに過度な運動をしてしまうことです。焦って必要以上の負荷をかけてしまうと症状が返って悪化する可能性が十分にあります。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法