TOP > 病院・手術 > 専門医

専門医について




首で発生する頚椎ヘルニアには、主な症状としまして、手足に発生するしびれや、ひどくなると身体の片側、あるいは両側で発生する麻痺などがあります。そのため日常生活に与える影響は大きなものとなるでしょう。

近年の医療技術の進歩から、頚椎ヘルニアの治療方法である、「保存療法」、「手術」のどちらにおいても、普段の日常生活に影響を及ぼさない程度までであれば、快復することが可能となっています。

逆に言えば、どのような治療方法を選択するかで症状の治まり方や、収まるまでの期間が決定するといっても過言ではないのです。そのため、よりよい治療を受けるにはどうすればいいのか、ということが気になってきます。

医療においては、その分野を専門に扱う専門医という方々が存在します。よく、テレビのドキュメント番組などで「スーパードクター」や「ゴッドハンド」、「名医」などというようなフレーズで紹介されている医師を見たことがあると思います。

あのようなテレビ番組では、心臓外科医などが取り上げられることが多いですが、頚椎ヘルニアを治療する「スーパードクター」も、もちろん存在します。ここでは、その専門医たちを簡単に紹介していきたいと思います。

まず、千葉県佐倉市にあります聖隷佐倉市民病院に勤められている南昌平先生です。まさに「名医」というにふさわしい技術を持った方で、日々多くの患者さんを助けています。

続いては、長野県安曇野市の豊科赤十字病院に務めておられる、澤海明人先生です。こちらの先生もスペシャリストと呼ばれています。

自然治癒力を引き出すための運動療法を重んじた治療を行っていて、患者さんへの負担が少ない経皮的随核摘出術という椎間板ヘルニア手術を得意とされています。

また、西島雄一郎先生も有名な医師です。こちらは、東京都調布市にあります、西島脊椎クリニックで活躍されています。

そして、最後に中川卓爾先生。愛知県豊田市で「鞍ヶ池ヘルスケア」という病院を開いておりますが、今まで30年間で頚椎ヘルニアで悩んでいる患者さんを手術なしで50万人以上救ってきた名医中の名医です。

長年、頚椎ヘルニアで悩んでいる方は、ぜひ、一度診てもらうことを強くお薦めします。また、東京でも分院があるそうなので、一度お電話などで問い合わせをしてみると良いかと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法