症状について




頚椎の椎間板・線維輪に亀裂が入ることが原因となって内部の髄核外部に露出することで、様々な症状を引き起こす頚椎椎間板ヘルニアですが、一体どのようなものがあるのでしょうか。

まず、誤解されないために、多くの人にありがちな頚椎椎間板ヘルニアの勘違いについて訂正をしておきたいと思います。

先に述べたことが原因となって、頚椎の椎間板の機能が破綻することに起因する、首痛や肩こりなどは、老化による経年変化が原因となる場合も考えられるため、局所的な痛みに関しては、頚椎椎間板ヘルニアが全て関係しているとは言い切れません。

頚椎椎間板ヘルニアには、椎間板の中にある髄核が脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することによって、発生する手足のしびれや痛み、脱力などといった神経症状が主なとなります。

脊髄が圧迫されると、手足にしびれが発生します。発生の程度は、手足の先端に行くほど強くなる傾向が見られ、身体の両側もしくは片側に発生します。また、圧迫される部位によってしびれの傾向が大きく変わってきます。

例えば、頚椎の3番、4番が圧迫を受けると、手の外側が強く、しびれを起こすようになったり、5番、6番が圧迫を受けると、手の内側のしびれが強く起こるようになったりします。また、その他の圧迫を受ける部位によって、指先の内側、外側でしびれが変わってきます。

このように頚椎椎間板ヘルニアは、頚椎の椎間板の圧迫を受ける部位によって、しびれや痛みの場所が大きく変わってくるのです。また、酷い方になると上半身では、物が掴めなくなるなどの握力低下や、指を使う細かな作業が困難になるなど、指先の細かな動作において障害が現れます。

このような状態になりますと、ペンなどで字を書くことや、衣服のボタンの留め外しが困難になります。下半身では、歩行の際に足が思うように動かず歩幅が狭くなり、階段の昇り降りが困難になる場合もあります。

これらの頚椎椎間板ヘルニア症状は、脊髄のどの位がどれくらい圧迫されるかによって決まります。そのため、軽度の手のしびれ感程度から、立ち上がることも困難になるような高度な麻痺まで、起こることがあります。

その一方、脊髄ではなく、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫された場合、頚椎痛と上半身の片側にのみ痛みやしびれが発生します。

頚椎椎間板ヘルニアは処置が遅れると、日常生活にも影響を及ぼすようになってきます。頚椎椎間板ヘルニアと診断されたら、早め、早めの治療が改善させる早道となってきます。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法