頭痛について




頚椎椎間板ヘルニアは、椎間板に縦のストレスや反るストレスが加わったことによって、椎間板の中にある髄核が外に飛び出し、様々な症状を引き起こす病状を指します。

頚椎椎間板ヘルニアによる症状は、外側に飛び出した髄核が、脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することによって発生する手足のしびれや痛み、麻痺といった神経症状が主なとなります。

脊髄が圧迫されると、手足にしびれが出ます。このしびれは、手足の先端に行くほど強くなる傾向が見られ、身体の両側もしくは片側に発生します。

上半身では、物を掴み損ねるというような握力の低下や、指を使う作業が困難になるなど、指先の動作において障害が現れます。

下半身では、歩行の際に足が思うように動かなくなっていまい、結果として歩幅が狭くなり、症状の状況では階段の昇り降りが困難になる場合もあります。

これらの症状は、脊髄がどの程度、圧迫されるかによって決まります。そのため、軽度の手のしびれ感から、立ち上がることも困難になるような高度な麻痺まで、様々な症状が発生する可能性があります。

その一方、脊髄ではなく、脊髄から枝分かれした神経根が圧迫された場合、頚椎痛と上半身の片側にのみ症状が発生します。

この場合、頚椎の位置やその動作で変化する上半身の痛みやしびれ感が特徴となります。また、頚椎椎間板ヘルニアを患っている人には、頭痛持ちである割合が高くなっています。

これも頚椎椎間板ヘルニアによるものなのか、と考えてしまうでしょう。実際、頚椎椎間板ヘルニアも要因の一つではあるのですが、「原因」ということではありません。

頚椎椎間板ヘルニアを患っている場合、それの影響で筋肉などにストレスがかかります。このストレスが溜まりっぱなしになってしまうと、そこから緊張型頭痛へと発展する可能性があるのです。

つまり、頚椎椎間板ヘルニアが原因となるわけではなく、それによって発生したストレスが引き起こしていると考えられているのです。

これらを解消するには、頚椎椎間板ヘルニアを根本から改善させることが必要ですが、頭痛をある程度、解消するのであれば、マッサージなどが有効です。

頚椎椎間板ヘルニアの部位を直接マッサージすることは良くありませんが、頚椎椎間板ヘルニアによって、緊張した周りの筋肉、首周り、肩周り、背中周り、などをほぐすことにより、緊張型頭痛を解消することは可能です。

ただ、気を付けて頂きたいのは、あまりに気持ちいからと言って、やりすぎてしまうことです。マッサージを受けている時はとても気持ちがいいものですが、施術後、もみ返しや、頭痛が酷くなるなどの症状が引き起こされることもありますので、ほどほどにするようにしてください。

また、頭痛の症状が酷くなってしまった場合には、施術してもらったところで、前回、施術を受けた後に症状が悪化してしまったなどと伝えれば、指圧の強さやあなたに合った施術方法に変えてくれる思いますので、そのような症状が出た場合は遠慮せずに、しっかりと伝えることが大切です。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法