病院について




頚椎椎間板ヘルニアの患者さんにとって、一番困るのは、「病院選び」ではないでしょうか。日本だけでも大規模な大学病院から、中、小規模のクリニックまで、膨大な数が存在します。

その中から、自分の頚椎椎間板ヘルニア症状に合った場所を見つけ出し、そこに通うことが出来ればいいですが、現実的になかなか難しいのではないかと思います。

では、自分の頚椎椎間板ヘルニア症状に合ったところを見つけるための指標とは何でしょうか。サービスや、診察の対応など様々なものがあるかと思いますが、ここでは、活躍されている医師に焦点を当てて、紹介していきたいと思います。

優秀な医師であれば、テレビのドキュメント番組などで、「スーパードクター」などというような文句で紹介されている事が多いです。そのような番組を見たことがある人も多いかと思います。

テレビ番組では、心臓外科などが取り上げられることが多いですが、頚椎椎間板ヘルニアを治療する医師の中にも「スーパードクター」は存在します。

ここでは、その「スーパードクター」たちを紹介していきたいと思います。まず、東京都の西島脊椎クリニックです。こちらでは西島雄一郎医師が活躍されています。こちらは、俳優の杉良太郎さんの椎間板ヘルニア手術を執刀したことでも有名です。

名実ともに頚椎椎間板ヘルニア治療の名医です。ニュースなどを通じてその名前に心当たりのある人は多いのではないでしょうか。

続いては、同じく東京都の東京女子医科大学の伊藤達雄医師です。その他、さくら整形外科・眼科も有名です。こちらでは小森剛医師が勤務されています。こちらは、名古屋市にあります。

また、労働者健康福祉機構長崎労災病院も有名と言えます。こちらには小西宏昭医師がいらっしゃいます。小西医師は、年間300以上もの頚椎椎間板ヘルニアや腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄などの手術を行う名医です。

また、医師ではありませんが、治療家の中で頚椎椎間板ヘルニアの名医として有名なのが、愛知県豊田市に治療院を構える、中川卓爾先生です。

中川先生は一般患者も診ますが、主にプロのスポーツ選手も多く診ているようです。中川先生の治療の原点はスポーツトレーナーで培った経験から生まれたと言います。

中川先生は阪神タイガースのトレーナやプロゴルファーのトレーナー経験もある、とても優秀なトレーナーです。今でも、中川先生のところには、頚椎椎間板ヘルニアだけでなく、腰痛や膝痛などで悩むプロのスポーツ選手が通われていると言います。

それだけ、中川先生の病院に通われるということは、中川先生の治療に信頼をおいているものだと思います。このように病院を探すポイントとして、頚椎椎間板ヘルニアの専門医がいるところが決め手となるのではないでしょうか。

また、頚椎椎間板ヘルニアの専門医がいなくても、自分が通いやすかったり、医師とのコミニュケーションがしっかりと取れるところであれば問題ないかと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法