TOP > その他・関連情報1 > 薬について

薬について




頚椎椎間板ヘルニアと診断されれば、そのまま放置するようなことはせずに、必要な治療を受けるかと思います。しかし、頚椎椎間板ヘルニアによって発生する症状は、手足のしびれ、身体の麻痺など日常生活に影響が出るものが多いです。

そのため、より適切な治療が求められるのですが、頚椎椎間板ヘルニアでは具体的にはどのような治療が行われているのでしょうか。まず、治療の方針についてですが、これは椎間板ヘルニアによって脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかで決まります。

前者の場合ですが、進行性の脊髄症状である手足のしびれや麻痺などが進行していて、画像検査でも、脊髄が圧迫されていて、浮腫などのダメージが見られれば、頚椎椎間板ヘルニアと診断された後、早急に手術を検討することになります。

一方、近年では、外部に露出した髄核は、時間の経過と共に人間の自然治癒力によって、吸収あるいは消失すると考えられるようになってきました。

そのため、頚椎椎間板ヘルニアの症状に大きな変化が見られない場合は、保存的療法などによる、薬などで治療を行い、経過観察を行うケースが増えてきています。

神経根症状の場合には、主に先に述べた保存的治療が採用されます。ですが、ただ薬を投与するだけでは、頚椎椎間板ヘルニアを治癒に向かわせることはできません。

頚椎椎間板ヘルニアでは、頚椎にダメージを受けていますので、その治療を行うには患部の安静が絶対条件になります。そのため、頚椎を固定するコルセットなどを着用して、頚椎への負担を減らします。

その後、痛みを抑えるための非ステロイド性消炎鎮痛剤や、筋肉の緊張を和らげる効果のある筋弛緩剤などの薬が用いられてきます。それらに加えてリハビリやストレッチ、トレーニングなどを、首に負担をかけない形で進めていきます。

そのため治療においては、薬を多用するイメージよりも、リハビリなどのトレーニングが行われているというイメージが合っているかもしれません。

頚椎椎間板ヘルニアを改善させるには、頚椎周りの筋力強化はかかせません。逆に頚椎周りにしっかりと筋力があれば、頚椎椎間板ヘルニアは発症しないということです。

先程も触れましたが、頚椎椎間板ヘルニアは縦のストレスと反るストレスによって起こることがほとんどです。縦のストレスとは頭を支え続けているための上からのストレスを指し、反るストレスとは外傷性によるもの、交通事故やスポーツなどによるものが挙げられます。

ですが、この2つのストレスに耐えられる筋力が頚椎周りに存在していれば、何の問題もないのです。しかし、首周りは日常生活を送る上では、そう簡単に鍛えることが出来る部位ではありません。

ですので、頚椎椎間板ヘルニアを改善させるにも、予防するにも、再発を防ぐにも、頚椎周りの筋力強化が必要になってくるのです。ですが、具体的にどのようにして鍛えれば良いのか分からない方が多いと思います。

プロレスラーなどのようにブリッジをして、首を鍛えるようなことはしなくても大丈夫です。首周りを鍛えるにはタオル1枚あれば十分に出来ます。具体的なやり方としては、タオルを首に巻き、上下に首を動かします。

この動かす際にタオルを手で持って、首とは反対の方向へ手で負荷を少しかけます。この動作は1日10回、3セットもやれば、十分筋力強化に繋がります。

痛みが合って、出来ない場合は無理をせずに中止し、痛みがある程度引いてきた段階で、鍛えるようにしてください。1ヶ月も続ければ効果を感じてくると思いますので、頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方にはお薦めの方法です。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法