TOP > その他・関連情報1 > ストレッチ

ストレッチについて




頚椎椎間板ヘルニアの治療には、大きく分けて「手術」、「保存的治療」の2つの選択肢があります。前者は、進行性の脊髄症状として、手足のしびれや脱力が進行が認められ、MRIなどを用いた画像検査において脊髄の圧迫や浮腫が確認された場合に選択されます。

頚椎椎間板ヘルニアの症状が重篤である場合や、痛みが激しい場合の選択肢になります。一方で、近年では頚椎椎間板ヘルニアの自然治癒が注目されてきているため、保存的治療を選択するケースが増えてきています。

そのため、保存的治療が適切に行われるかどうか、ということが、その後の経過に直に影響してくるわけです。保存的治療の内容としては、頚椎カラーを用いての頚部の安静に始まり、消炎鎮痛薬やステロイド薬などを用いた薬物治療を基本として行なっていきます。

また、痛みがひどい場合には、硬膜外ブロック注射・星状神経節ブロック注射・神経根ブロック注射といった各種神経ブロック療法が選択される場合もあります。

また、「治療」としてイメージしにくいところもあるかと思いますが、ストレッチも頚椎椎間板ヘルニアを改善するのに非常に重要になってきます。いかに痛みを軽減していったとしても、頚椎椎間板ヘルニアは再発の危険性がついて回ります。

頚椎椎間板ヘルニアの再発を防ぐ意味でも、非常に重要なのです。また、その方法にも様々なものがあるかと思いますが、頚椎椎間板ヘルニアの再発に関して言えば、関節に負担がかかることが最も恐れられるため、関節にかかる負担が出来るだけ少ない動作が望ましいと言えます。

自分のペースでストレッチに取り組んで、しばらくしてから頚椎椎間板ヘルニア症状が悪化した、ではいけません。ですので、正しいやり方に関しては、専門医や専門家などの指導のもと、行うのが最も適切です。

また、その他にストレッチを薦める理由として、首周りの筋力を自然と強化できるところにあります。頚椎椎間板ヘルニアを完治、再発させないためには、首周りの筋力アップが必要不可欠になってきます。

しかし、いざ首周りの筋力を強化しようとしても、あまり重い負荷をかけてしまうと、返って逆効果になり、頚椎椎間板ヘルニアの症状を悪化させたり、再発させたりしてしまうことがあります。

しかしその点、ストレッチは血流を良くするだけでなく、静的な動作を続けることによって、ある一定の負荷を筋肉にかけることができ、自然と筋力強化を図ることが出来ます。

このようなやり方をアイソメトリックと言いますが、ストレッチを行いながら、アイソメトリックを同時に行えば、症状を改善させながら、首周りの筋力アップを図ることが出来るため、一石二鳥なのです。このような理由から大変お薦めの方法なのです。

また、最近ではインターネットで簡単に情報を探せる時代となっていますので、色々と情報収集をして、自分に合ったものを見つけ、実践されることを強くお薦めしたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法