TOP > その他・関連情報1 > 牽引について

牽引について




頚椎椎間板ヘルニアと診断された場合、必要となる治療を受けることになるかと思います。特に、頚椎椎間板ヘルニアによって、引き起こされる症状は、手足のしびれや、痛み、身体の麻痺など、日常生活において影響が出るものが多いです。

そのため、どんな治療法があるのか、その中で、自分にはどの治療法が適切であるのか、このことが重要になってきます。まず、治療の大まかな方針についてですが、これは頚椎椎間板ヘルニアの状態によって、脊髄、神経根のどちらが障害を受けているかによって決定します。

前者の場合、手足のしびれや麻痺などが進行していて、レントゲンなどを用いた検査でも、脊髄圧迫が確認されたり、浮腫などのダメージが見られれば、診断後、早急に手術の検討に入ります。

その手術方法に関してですが、「前方法」と「後方法」の大きく分けて二種類の方法が存在します。しかし、頚椎椎間板ヘルニアの手術には大きなリスクがあることを理解しておかなければなりません。

頚椎の周りのは体を司る、重要な視神経が多く通っているため、万が一その神経を傷つけてしまうようなことがあると、大変なことになります。医師もこのことを分かっているので、出来るだけ自然治癒を促します。

そして、これだけリスクのある頚椎椎間板ヘルニアの手術をしたとしても、全開出来るかと言ったらそんなことはありません。術後回復率は、全体の10%程度と言ったところでしょうか。残りの90%の方は、術後半年以内に再発をされています。

このようなことから、出来るだけ手術は避けたいところです。そして、近年では、外部に髄核が飛び出した後でも、時間の経過と共に吸収、あるいは消失する可能性があると考えられるようになっています。

そのため、症状に大きな変化や悪化が認められない場合は、保存的治療を行い経過観察を行うケースが多くなってきています。<頚椎カラーを着用して頚部を安静状態に置き、薬物療法を行なっていくことになります。また、牽引療法が取られる場合もあります。

牽引療法では、椎間板に加わる圧力を軽減することで、頚椎椎間板ヘルニアの痛みを軽減させることを目的としています。方法は、椅子に座った状態で首にベルトをかけ、特殊な機械で頚椎を引っ張り上げます。これらは血行を促して筋肉のコリや痛みを軽減することにも繋がります。

また、それらの効果を狙って温熱療法が行われることもあります。また、特に強い痛みが発生している場合には、神経ブロック療法として、圧迫されている神経根の周辺に局所麻酔薬やステロイド薬を注射する方法が取られる場合もあります。

頚椎ヘルニアを改善する中川式治療法