TOP > その他・関連情報2 > 首のヘルニア

首のヘルニアについて




これは寝違えたような痛みや違和感が起こったり、肩から肘のあたりまで痛みがあったり、力が入らずに脱力感が起こったりする病気で、一般には頚椎ヘルニアと呼ばれています。

この診断では、まずレントゲンを撮り、理学療法士が手を叩いたりして大体の診断が可能です。一生ものの病気だとか、歩行困難になって生活もままならなくなる、手術は必須だ、というようなこともよく言われますが、初期の症状ではまだ自然治癒する可能性は多く残っています。

またこの症状も、腰椎の椎間板ヘルニア等と同様に、椎間板から髄核が飛び出してしまうことでまわりの神経を圧迫することが症状の原因です。何かしらの原因によって頚椎にある椎骨の間に存在している椎間板が傷ついてしまい、その傷の部分から柔らかい髄核が飛び出してしまうのです。

主な圧迫部位は、脊髄中枢神経と呼ばれる神経ですが、頚椎を左右に走っている神経が圧迫される場合もあります。頚椎は腰椎よりも構造的に弱い部分で、常に重い頭部を支えていなければなりません。

このため、腰椎や胸椎の椎間板ヘルニアに比べて、より治療が複雑な病気であると言われています。初期の症状では、保存療法を試行しますが、装具療法や温熱療法、薬物療法などが主なものとなります。

装具療法では主に、カラーと呼ばれる固定用の器具を装着して頚部の安定を図り、温熱では首、または肩などを温めて血行を高め、薬物療法では痛みを和らげるための薬剤を服用したり、注射を打ったりします。

これらの保存療法で症状を改善することができますが、場合によりけりです。つまりそのまま症状が悪化してしまう方もいらっしゃいます。このような場合、特に歩行障害や下肢の痛みや痺れの症状が大きいというケースでは、医師の決断によって手術を行います。

この手術はとても難しいタイプの手術です。神経、または脊髄を傷つけてしまう恐れもありますので、まずは医師とのしっかりとしたコミュニケーションを取り、本当に手術が必要なのか、良く確認することが大切です。

首のヘルニアを改善する中川式治療法