TOP > その他・関連情報2 > 痛みと頭痛

首の痛みと頭痛について

首に違和感があるという場合、軽い症状であれば、首をマッサージしたり、揉んだりするだけでも効果がありますが、この症状が徐々に悪化してきて、頭痛などが起こるようになると、そうもたやすく解消することは難しくなってきます。

つぼをマッサージしてみたり、枕を良いものに選ぶなどの方法で緩和させることが出来る場合もありますが、何をやっても効果が無いという場合は、病院で診断を受けることが必要です。

このような症状の原因となると考えられる病気の1つが、頚椎ヘルニアです。頚椎ヘルニアでは、首の痛みや頭痛の他にも様々な症状を訴えます。

ヘルニアが神経を圧迫することから、神経の伝達機能が損なわれてくると、身体の色々な部位がしびれてきます。特に腕や肩、手の指などにしびれが起こる場合が多く、痺れが悪化してくると、体温が低下してきたり、普通の何気ない動作を上手くコントロール出来なくなる場合もあります。

また、肩や腕、首周りが痛むのも特徴です。悪化すれば、火傷のような症状に襲われ、我慢しきれずに注射を打つ場合も多くあります。

頚椎ヘルニアの主な治療法は、保存療法と外科手術に分けることができます。また保存療法は、腰椎に起こる椎間板ヘルニアの治療とほぼ似ています。頚椎カラーと呼ばれる腰椎でいうコルセットの役目を果たす装具を装着して安静にし、薬物療法などで様子をみます。

また、枕を選ぶという治療法は、頚椎独自のもので、多くの方が自分の首に合った枕を選ぶことで改善をされています。症状が重くなってくると、医師は徐々に手術を検討するようになります。

頚椎ヘルニアの手術方法は、主に「切開法」と「レーザー法」に分けることができます。また、切開法については前方除圧術と後方除圧術に分かれます。

また、レーザー手術については早期に社会復帰したいという方にはとても有効性が高く、最近は多くの若いサラリーマンの患者さんが受けています。ヘルニアの他にもこのような症状は様々な重い病気のシグナルですので、早め早めの対応が必要となってきます。

首のヘルニアを改善する中川式治療法